【北京出張記2】北京空港に到着して日航飯店にチェックイン

スポンサーリンク



 

JAL21便北京行きの搭乗開始です。

羽田空港の国際線ターミナルビルの145番ゲート。増設された方の新しいエリア。

あれ??

搭乗してみたら、新間隔のエコノミークラスではないことが判明!

前後のシート間隔が狭い。

っていうか、この機材ってまだ残っていたんだね。そのことに驚いた。

JALを選んだ理由が新間隔だったのになんだかなあっていうのが正直なところ。

パーソナルモニターはまあ大きめだけどね。

C滑走路から都心方向へテイクオフ。最近このパターンが多いね。

後続の離陸待ち機材。

いた!

実はこの日はトランプ米大統領が来日中。

来日3日目だったから、エアフォースワンは横田基地にでも退避しているのかと思っていたんだけど、羽田にずっとステイしているってこと?

セキュリティ上それでいいんだろうか。

B747とB757の2機体制のようです。

離陸!

都心湾岸部の浦安とかそのあたり。

ディズニーランド及びディズニーシーも見えた。

機内食は空の洋食屋さん。ドライカレーの一択。

お米は食べきれなかった記憶があり。

飲み物はいつも飲んでるスーパードライではなく、エビスをいただく。

北京空港への着陸態勢に入った。大陸中国の大地。

北京空港に着陸。

青空が綺麗に見えて、大陸を感じる。

あれ、JAL機がいるのはなぜ???

鉄が乗っているのが朝一番の北京行きのはずなんだけど。

実は前日、北京空港は雷雨による天候大荒れのため、JAL21便は北京空港に着陸できず、羽田に引き返し、この便が本日7時半発に改めて変更されていたのです。

1日違っていたら大変だった。

北京空港第3ターミナルはでかいと聞くけど、でかい。

そして搭乗機のゲートはほぼ端っこだったので、やたらと歩かないといけない。

端っこの方を撮ってみた。

動く歩道で移動。

移動移動。

この後、入国審査には結構並ばせられた。20分くらい。

会社の同じ出張者と合流して、現地支店の出迎えもあったので、あまりパシャパシャ写真も撮れず。

これは駐車場に向かうところです。

ターミナルビルに隣接して鉄道の発着や駐車場があるビルです。

今回のホテルは新世紀日航飯店。

名前から分かるように、JALホテル系列。

お部屋は快適ですが。

お茶道具も用意されていますが。あ、ちなみ三色の容器に入っている茶葉は有料です。

水周りも問題はなさそうですが。

バスタブも付いていますが。

ベッドもまあ寝心地は悪くありませんでしたが。

なんか日系らしさがほとんど感じられなかったです。

こういうところの説明に日本語が併記してあることくらい?

チェックインのスタッフも日本語喋るわけでもなく。

そして会社の人の説明によると以前はANAホテルだったらしい!

部屋からは、山脈まではっきり見えた。昨日の雷雨のおかげらしく、とても珍しいらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です