【2019ギリシャ出張3】ローマ時代にオスマン時代にとテッサロニキの見所を観光

スポンサーリンク



エレクトラパレスホテルの朝食。毎回飽きもせずに写真を撮ってしまう。

2日目の朝食はこんな感じのチョイス。

仕事も終わり夕方から観光に連れてってくれました。

まずはベイハマム。

オスマン帝国の公衆浴場。1444年に建設されてギリシャに残るハマムとしては最も保存状態が良いらしい。

続いては古代アゴラ。こちらは2世紀ごろに造られたらしい。

アリストテレス広場から、ちょうど山側に向かった方向にある。

劇場や浴場もあったらしい。

半円形が劇場の跡かな。

どんどん向かいます。

古代アゴラのすぐ近くにあるのは、今度はアギオスディミトリオス聖堂。

ギリシャ正教の教会で、5世紀中期から後期に建造されたらしい。世界遺産。

続いて、バスに乗ってちょっと離れたところにあるロトンダへ。

306年に完成した東方正帝ガレリウスの霊廟。

ただしガレリウスは別のところに埋葬されてしまい、ロトンダは霊廟としては使われなかった。

コンスタンティヌス1世がキリスト教会として使いだし、内部をモザイク画で飾ったらしい。

今度はめっちゃ山側笑。

何の遺跡か、ちょっと忘れた笑。

振り返るとテッサロニキの眺望が良い。

エーゲ海のその向こうが昨日の夜行ったレストランのあたり。

下山して、本日のディナーはこちらのレストラン。

ホワイトタワーのすぐ近くだったね。

夜も更けてきた。

大人数でテーブルを囲む。

メインディッシュを4つの中から選ぶとのこと。

ビーフ、チキン、オルゾー、ラムの4つ。オルゾーってなんだ?

ギリシャビールで乾杯。

これはトマトのフライ。切ったらめっちゃトマトです。

これも何かのフライでした。忘れた笑。

選択したメインはオススメのビーフでした。ポテトのプレンの上に乗った牛肉はナイフもいらん位柔らかい。

みんなと別れて、海沿いのストリートを酔い覚まししながら歩いてエレクトラパレスホテルに戻ります。

バーやレストランがいっぱいあってすごいに賑わい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です