【2019年ワシントン出張記2】オヘア空港からナショナル空港に飛んでワシントンプラザホテルにチェックイン

スポンサーリンク



シカゴオヘア空港はユナイテッド航空のハブ空港です。

アメリカン航空もハブです。

ユナイテッド航空3442便ワシントンナショナル空港行き。

機材はERJ190だった。

隣に誰も来なかったので片側2席をゲット。

パーソナルモニターもないし、経年した機材だけど、レザーシートがなんか快適。

シートの背もたれも低いからか、機内の圧迫感がないんだよね。

さっきまで成田から搭乗してきたANA機。

シカゴオヘア空港では国際線到着は第5ターミナルだけど、出発は違うターミナルになる。

これはJAL便も同じ。

滑走を開始。

滑走時もANA機が近くに見えた。

ワシントンに向かうには、オヘア空港からシカゴ市街方向に進路をとるので。

五大湖に面するシカゴダウンタウンが見えた!

海かと見間違うような五大湖。これはミシガン湖。

晴れ間と曇りの境目。こんなにくっきり別れることも珍しいだろうし、上空から見れるのも面白い。

シカゴとワシントンの間には1時間の時差があることもあり、すっかり日がくれた。

ナショナル空港にスポットイン。初めての空港はワクワクするね。

オヘア空港でゲートで預けなさいと言われた荷物は、降機時もゲートで受け取る必要があります。

地上スタッフが持ってきてくれます。

薄暗い空港だね。

搭乗機はすぐにシカゴオヘアに折り返したみたい。

意外とフライト数多いね。

横に細長いターミナルなので歩かされる。

メインの建物も薄暗い空港だね。

預入荷物はないのでどんどん進みます。

タクシー乗り場に向かいます。

タクシー乗り場には行列が。でもタクシーもどんどん来るので問題はなかった。

到着ロビーでて前方がせり上がっている光景って、フィリピンセブ空港を思い出したよ笑。

ちなみに最近セブ空港綺麗になったらしい。行って見たい。

15分ほどタクシーでホテル到着。ナショナル空港は近くて便利です。

ワシントンプラザホテルという、普通のシティホテル。

高級でもないけど、シャビーでもない。没特徴な感じのホテル。

ただしこれでも一泊400ドルです。世界銀行の総会という大きな国際会議の期間中なので。

はっきり言ってぼったくり価格設定だと思いますが、会社負担なのでありがたく泊まらせていただきます。

うわあ、アメリカのホテルってベッドの座高が高いね。

テレビの位置も高い。

400ドルも払っているんだから無料ミネラルウォーターくらいあって当たり前だね。

デスク周りも広い。

洗面所は独立。古臭いけど広い。

なにかと広いね。閉じる式のクローゼットではなく、ウォークインに近い感じ。

スーツケースを広げる台も広い。これは便利だった。欧州のホテルではありえない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です